現実からの逃走 2nd

好きなことについてだらだらと書き連ねるとこ(-_-)

作曲法の課題が終わった

書こうと思って先延ばしにしてたらネタが古くなってしまった。賞味期限切れ気味だけど書きたいから書いとく(-_-)

今から2週間ほど前の話だけど、作曲法の課題がついに終わった。最後の課題は伴奏ありの曲を作る課題で、音符をどうにか繋いで1分くらいの曲のようなものを何とか完成させた。

完成したもの↓

最後の8小節は初めの分を繰り返せばいいからメロディーを作るのは8小節×2で良いんだけど、伴奏があるから当然いつもより作らないといけない量も増えるし難しい。ちょっと作成例も真似たけど、そのせいで曲の感じが作成例に似てるような気がする…(-_-)

作曲法の課題はまた繰り返しやる予定だけど、今は図書館で借りてきた本を読んで修行中。とりあえず楽典の知識はある程度手に入れることができた。

楽典について、個人的には↓の本が分かりやすいと思う。私が読んだのは2012年版だったけど、amazonを見たら新版もあったからそっちのが良いかもしれない。まぁ図書館から借りた本だししょうがないんだけど(-_-)

  • オオシマダイスケ,2012「読んでナットク! やさしい楽典 完全マスター編」自由現代社 

作曲関係の本を数冊読んでみた中で、音程とか調とかコードの作り方とかならこれが断然分かりやすい&覚えやすいと思った。確認問題もついてるし。ただコードについては6thとか7sus4とか、解説されてないコードも少しある。あと4章のコード・チェック表のC♭dimの解答が多分違う。でも欠点を挙げるならこれくらいかなぁ…

とりあえずはそんなところ。あと作曲法の課題が終わってから書くのもなんだけど、作曲法のソフトが見つかった。(-_-)

www.vector.co.jp

基本的なところは押さえた(と思ってる)けど、作曲法のページにはあんまり書かれてなかったことが詳しく書かれてたりしてるみたいだからぼちぼちやっていきたいとは思ってる(-_-)b